― Information  ―

2017.5.13 up 【展示出展案内】

 

【 若王子倶楽部 左右  】

場所  :〒606-8444 京都府京都市左京区若王子町15
営業時間:10:00~18:00
定休日 :水曜日

期間  :6月中ごろ予定  

[出展作品]かんざし・帯留め・根付け・アクセサリー等

 

 

 



2017.4.5 up 

【催事出展案内】

会場:京都高島屋 6階 京都コレクションショップ

期間:2017年4月12日(水)~4月18日(火)

  

[出展作品]かんざし・帯留め・根付け・アクセサリー等

 

 

 



 

 

 

 

2017.4.5 up  【終了いたしました。】

【催事出展案内】

会場:名古屋栄三越 7階催物会場

期間:2017年3月22日(水)~4月3日(月)

場所:名古屋市中区栄3‐5‐1

 

名古屋栄三越にて「池田重子コレクション 日本のおしゃれ展」の催物会場にて開催しております。

 

[出展作品]かんざし・帯留め・根付け・アクセサリー等

 

 

 



2016.10.27 

【展示出展】

会場:京都高島屋 6階 京都コレクションショップ

期間:2016年10月26日(水)~ 11月1日(火)

場所:京都市下京区四条通河原町西入真町52番地

 

『展示品詳細』:かんざし・帯留め等の和装小物といった伝統工芸的な和装小物とアクセサリー等を多数出展しております。

 

 

在廊日:◆平日13:00~18:00 

    ◆土・日10:00~18:00 

    ※最終日は17:00閉場いたします。

    ◆31日(月)はお休み



2016.10.6

先日、広島催事が終わりました。

 

『技と手仕事展』
広島福屋 八丁堀本店 6階
会期:2016年9月29日(木)~10月5日(水)
時間:10:00~19:30(最終日17:00閉場)

銀峰工房として、初めての広島での催事。

簪(かんざし)や帯留めといった和装小物や伝統工芸の技術で制作したアクセサリー等を展示・販売しておりました。



2016.8.30

『銀線細工と日本刺繍』展
Gallery FUKUTA ‐ギャラリーフクタ‐
会期:2016年9月1日(木)~14日(水)
場所:東京都町田市玉川学園8‐13‐30
時間:10:30~6:00(会期中無休)

この度、ギャラリーフクタさんとのご縁があり、展示会をさせていただける機会を頂きました。
東京でのこのような大きな展示会は、7年前の伊勢丹新宿以来になります。

ご一緒の日本刺繍の飯島桃子さんは、自然の動植物をモチーフにそれらを生き生きと表現し、その作品はモダンでありながらも、伝統的で美しい帯や半襟などをお作りされている方です。
私は、「かんざし」「帯留め」「根付」などの和装小物を中心として出展しております。
今回は残念ながら都合がつかず、東京へ行く事が出来ませんが、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ。



2015/7/1

 【 ザテレビジョンCOLORS vol.15 silver 】

に掲載していただきました。

 

ザテレビジョンCOLORSは毎号ずつテーマカラー(色)に基づいた特集をされている雑誌です。
今回はSILVERがテーマで、その中の『十人十銀』のコーナーの一人として載せていただきました。

『十人十銀』とは各界の著名な方々が“銀色”について語っていくコーナーで、私は” 京もの認定工芸士 伊庭拓也の銀 ”で簪や・帯留め等を銀で作っている作家としてお話しをいたしました。

本当に、著名な方々の中に入れていただいたことに感謝しております。
掲載ページは77pになります。

◆掲載写真は『かんざし 桜花』
 
ご興味のおありの方は是非ご覧くださいませ。


【 ザテレビジョンCOLORS vol.15 silver 】

◆発売日:2015年6月26日

◆発行  :株式会社KADOKAWA



2015/6/24

 

スウェーデン【月の船工芸展】

無事に終了いたしました。

 

スウェーデン Ekebyhovs slottsgalleri,  

                        Ekerö:  Björkuddsvägen  107
               (Ekebyhov城ギャラリー)

 

会期: 5月24日(日)~5月31日(日)

 

出展者:倉橋 志郎      (サンドブラスト)

       堀岡 萬景      (書画)

     青木 義雄      (木工)

     川崎 寿喜      (草木染)

     小宮山 美恵  (陶芸)

     伊庭 拓也      (金銀細工・金工)

 

※右画像はこのイベントが地元の新聞に載りました。