- Ginhou Koubou -

銀峰工房


「ご連絡」 

草津市ふるさと寄附に出展しておりました「金細工金木犀ネックレス・ピアスセット」ですが、変色が進みすぎた場合、同封のクリーナー液で効果があらわれない場合がございます、その際はこちらで無料メンテナンスいたしますので、どうぞご気軽にご連絡くださいませ。

問い合わせ先→【CONTACT】

 ※原因につきましては22K・18Kや溶接用に使用した18Kの金属内の銀・銅が時間経過とともに空気と反応したためや、様々な要因が予想されます。

※対応といたしまして、メンテンナンスで綺麗に状態を回復してから全体を24K(純金)メッキでコーティングする方法を無料でいたします。

 

【ご自宅で簡単に綺麗にする方法:おすすめ】

耐熱容器のカップにお湯をいれ重曹を溶かします。

その中にアルミホイルを入れてから、変色の進んだ作品をアルミホイルの上に入れていただくと目に見えてすぐに綺麗になります。

◆お湯は100㏄~200㏄、重曹は小さじ一杯~大さじ1杯ぐらい、アルミホイルは5cm×5cm(作品を余裕をもって乗せられる大きさで)

そのあとは綺麗に洗ってから乾かしてくださいませ。

◆こちらの方法は、とても便利ですぐに出来ますので是非お試しくださいませ。


銀峰工房(ぎんほうこうぼう)は、日本の昔から続く金属工芸の技術を礎に、手作りの良さを引き出し、人と人とを繋いでゆける、

 

そんな特別な作品を目指し一つ一つ心を込めて製作しております。素材は金や銀,プラチナ等を使っておりますが、

 

日本の金属工芸の和の装飾分野では銀をメインにしている物が多く、工房として銀の峰を目標とする意味を込め、銀峰工房と名付けました。

  

 

 

銀峰工房は金工(錺り職)の伊庭拓也の地元草津市での工房名となっており。

 

生まれ育った草津市の四季の花々や、草木、そして命はぐくむ琵琶湖の息吹を感じながら、この地に根付いた特別で、

 

継いでゆける作品の制作を目指しております。

 

 

 

また、江戸時代の名金工師  奥村菅次(現在の滋賀出身)の流れを汲み、草津の地にて時代に合わせた錺細工を日々製作しています。 

 

2019年 草津ブランド認証