純銀製 平打ちかんざし 八重梅 -yaeume-


 

【 平打ちかんざし 八重梅  】

 

純銀製の平打ちかんざしです。

通常のように銀板から作るのではなく、純銀をまず溶かしてから、銀塊を

叩いて鍛え、かんざしの形状に鍛える鍛金で本体を作っています。

純銀で作るのは、非常に手間がかかり難しいのですが、昔ながらの手法

で作ることによって、純銀でも非常に強靭な純銀へと変わります。

現在は、このように一から作る職人も数少なくなっております。

 

八重梅の飾り部分の形状は、鍛金で作った純銀を削り出して、凹凸を立

体的に表現します。単純そうな形でもシンメトリーで作るには少しのずれ

で形がいびつになるので、単純な形状ほど腕が試されます。

裏面は荒らし文様仕上げです。

 

素材:純銀・赤珊瑚(着色)

◆桐箱付き

本体価格【お問い合わせくださいませ】

  長さ
本体サイズ 約 140㎜  約25㎜


◆全て手作りの為、サイズは若干変動いたしますので、

ご了承くださいませ。

※この商品に関するお問い合わせはこちら。